Japanese

English

tio
guest:金 佑龍

“tio『AND』release live” HIROSHIMA
supported by 本間四畳半

tio

金 佑龍

谷真大(Gt/Pan)、新美耕介(AGt)、下田貢(Ba)、伊藤祐介(Dr)による、三重県四日市発の4ピース・インストゥルメンタル・バンド、tioの新作『AND』リリースツアー広島公演が決定!
ゲストに、cutman-boocheを解散後、2011年中旬からギター片手に日本中を旅する酔いどれ吟遊詩人、金 佑龍<キム ウリョン>を迎えます。

公演日 2017.07.21 (金)
会場 広島クラブクアトロ
開場/開演 18:30 / 19:30
料金 前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500
ドリンク D別
一般発売日 2017.06.24 (土)
チケット販売 広島クラブクアトロ
e+チケットぴあローソンチケットエディオン広島本店プレイガイドTOWER RECORDS広島店
お問い合せ 広島クラブクアトロ TEL:082-542-2280
備考 ※広島クラブクアトロでのチケット販売は営業日の開場1時間前から終演後のみ
INFORMATION tio Official Site
http://www.t-i-o.jp/
金 佑龍 Official Site
http://kim-wooyong.com/

tio
2008年、水谷真大(Gt/Pan)、新美耕介(AGt)、下田貢(Ba)、伊藤祐介(Dr)にて、三重県四日市で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンド。
これまでに4枚のアルバムをリリースし、ライブハウスはもちろん、カフェ、ストリート、野外フェスなど、様々なシチュエーションでライブを行っている。
昨年は初のアナログ盤としてTRI4THとのスプリット7インチをリリース、更に自主企画イベント「NUMBER」を立ち上げるなど精力的な活動を続け、2017年6月7日、2年振りとなる待望の新作「AND」をリリース。

 

「AND」

三重県四日市で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンド、tioの2年ぶりとなる作品。キャッチーなだけではない、より洗練され成熟したメロディーと世界観。ストレートなビートを貫きつつも、バンドとしてのグルーヴを重視したミッドテンポな楽曲たちは、前作以降数々のライヴを経てきた彼らの確かな成長を感じさせる。ゲストに元cutman-boocheの金佑龍、女性ラッパー泉まくらを迎えたコラボ楽曲、トラックメイカー/スティールギター奏者beipanaによる代表曲「sign」のリミックスなどを収録した意欲作。

pagetop