QUATTRO BLOG

QUATTRO BLOG

東京うたの日コンサート

6月24日は『うた』に感謝しお祝いする「うたの日」。2001年にBEGINが沖縄で始めた「うたの日コンサート(2007年より「うたの日カーニバ ル」)」が、東京にも広がり、2006年『第1回東京うたの日コンサート』として開催されました。そして、今年2011年も、渋谷の老舗ライブハウス B.Y.Gを活動の拠点とするミュージシャンが集まり、『第6回東京うたの日コンサート』が、開催されます

いつも、ワンマン公演で観ていたあのアーティスト達がこの日限りの特別な編成でセッションを繰り広げます!!
うたの日コンサートでしか味わうことの出来ない格別な空気に酔いしれましょう!

*************************************************************************************************
第6回東京うたの日コンサート渋谷クラブクアトロ
6/17(金)
OPEN:18:00  START:19:00
ADV:¥3,800  DOOR:¥4,300(D別)

出演遠藤賢司
110617mukai_syuutoku.jpg向井秀徳アコースティック&エレクトリック
言わずと知れた、ZAZEN BOYSのVo,Gt,向井秀徳がソロ名義の向井秀徳アコースティック&エレクトリックとして登場!!












110617andymori.jpgのサムネール画像andymori
第3回CDショップ大賞にて見事、大賞に選ばれたandymori!
和製リバティーンズの呼び声高い彼らがうたの日コンサート初登場!!







110617arukara.jpgのサムネール画像アルカラ
オルタナティブロックを基調に自由奔放で唯一無二の音楽を奏でるアルカラ!
こちらもうたの日初登場です!!





6/18(土)
OPEN:17:00  START:18:00
ADV:¥3,800  DOOR:¥4,300(D別)

出演
110618fuumidou.jpgのサムネール画像風味堂
毎年、うたの日を楽しみにしている風味堂!
こちらには風味堂からのメッセージが届いています!







110618okamoto_sadayoshi.jpgのサムネール画像岡本定義(COIL)
COILの岡本定義がソロで登場!!
オーガスタな気分を味わおう!!











110618hanahana.jpg花*花

2009年に待望の復活を果たした花*花がうたの日コンサートの2日目に登場!!












BYG BLUES BAND (島袋優/上地等/迎里中/山本隆太/BBBB/牧野竜太郎)

BYG BIG BAND (ベリーメリーオーケストラ/BLACK BOTTOM BRASS BAND/下地勇/Jay Kabira/サンタラ)


6/19(日)

OPEN:17:00  START:18:00
ADV:¥3,800  DOOR:¥4,300(D別)

出演
110619Begin.jpgのサムネール画像BEGIN
BEGINの呼びかけのよって始まったうたの日コンサート
6/25に沖縄で行われるうたの日コンサートは今年で10周年!
お時間が許す方はふわふわと沖縄まで足を運んでみてはいかがでしょう。



110619BBBB.jpgのサムネール画像BLACK BOTTOM BRASS BAND
BEGINと共に6/25に沖縄で行われるうたの日コンサート2011in石垣島に出演するBLACK BOTTOM BRASS BANDが東京公演の3日目に登場!!




110619banbanbazarl.jpgのサムネール画像Ban Ban Bazar
JAZZ、JIVE、JUMP BLUES、FOLK、 COUNTRY、LATIN、HAWAIIANなど変幻自在のパフォーマンスで魅了するBan Ban Bazarが東京の最終日を盛り上げます!!






Byebye Blue (山本隆太、松千)

*****************************************************************************************

チケットはぴあローソンe+の各プレイガイド及び渋谷クラブクアトロB・Y・G店頭で販売中
6/19(日)公演は残りわずかとなっております!お買い求めはお早めに!!

先日の6月3日、現代ポップ・シーン最高のピアノマン、ベン・フォールズの広島クアトロ公演、大盛況の内に幕を閉じました、ご来場頂いた皆様ありがとうございました!!

 

この度の広島公演はベン・フォールズ本人たっての希望により実現しました。

というのも、

前回の広島クアトロ公演(2005年)のオープンニング、颯爽と登場したベンは勢いあまってステージから落下、頭に血を滲ませながらライブを行いました。その出来事を自虐ネタにした「hiroshima」という曲が生まれました。ベンにとって広島クアトロは、そんな(苦い?)思い出の場所だったのです。

 

それはさておき公演当日、

短いサウンドチェックながら「hiroshima」を念入りに行ない、本番を迎えました。

注目のオープニング、メンバー二人に両脇を抱えられながらベンが登場、何度もステージから落ちそうに(笑)、早速のパフォーマンスに会場から拍手喝采を浴び、ショウがスタート!

新旧ナンバーをおりまぜならのライブは、時折大合唱もまきおこり、一同楽しませて頂きました!

ハイライトはやっぱり「hiroshima」!?、ベンも気合が入っていた様に見えました。

 

それからもう一つ、

今年で10周年を迎える広島クアトロへむけ、メッセージをもらいました。

benfolds.jpg

まさかのイラスト付(笑)!、本当に思い出の場所なんですね。

 

DEAR BEN,THANK YOU VERY MUCH,SEE YOU NEXT!!

 

 

 

 

 

 

 

 

MARC RIBOT

マーク・リーボゥの来日公演が東名阪クアトロ決まってから、彼がギターで参加しているトム•ウェイツの「RAIN  DOG」を聴き直してみた。
raindog.jpg
85年リリース当時は高校生、トム・ウェイツのことも、もちろんマーク・リーボゥのことも知らなかったけど、読んでた雑誌で絶賛されていて、それにジャケットが素敵だったし、どうにも気になって聴いてみた。
トム・ウェイツにはもちろんだけど、その無国籍で演劇か映画音楽のようでいて、ブルージーなサウン ドにすっかり魅了されていた。 そのサウンドにはマーク・リーボゥの功績も大きいのだが、今からあらためて聴くとすんなりとそう思える。

手元の「RAIN DOG」のCDライナーには今回の招聘元である トムスキャビンの麻田さんが書いていて リリース当時のレコードのライナーのまま引用掲載されている。
そこには氏とトム・ウェイツとの関わり、NYフェイク・ジャズのラウンジ・リザーズのリーダー、ジョン・ルーリーとトム・ウェイツとの出会いから、 ジョン・ルーリーが最高だと言うギタリスト、マーク・リーボゥ(ラウンジ・リザーズにアート・リンゼイの後釜として参加)がこの「レイン・ドッグ」の製作に参加することになっていく経緯も描かれていて実に面白い。様々な才能が交差していた当時のNYダウンタウンの空気を感じられる。現行CDにもこのライナーが掲載されていることを切に願う。
その後トム・ウェイツのツアーにマーク・リーボゥはジョン・ルーリーと共に同行し、来日公演で日本での評価を確かなものにしている。

マーク・リーボゥはラウンジ・リザーズ以前にはジャズ・ファンクのオルガン奏者ジャック・マグダフやソウルシンガー、ウィルソン・ピケットのバックを務めてたこともあり、数々のセッションをこなしてきたギターのアルチザン(職人)。経験と技術に裏打ちされた前衛性と、ジーンとくるブルージーな響きがなによりも魅力。テクニックにかたよらず、音の響きを追求している。

ソロ作で98年リリースされ当時音楽ファンには大絶賛の『マーク・リボーと偽キューバ楽団』は
アンソニー・コールマン、ブラッド・ジョーンズ、 マイアミ・サウンド・マシーンのロバート・J・ロドリゲス、ジョン・メデスキというキューバ人ではない面々らを迎えて、キューバ音楽のアルセニオ・ロドリゲスの楽曲に独自の解釈でオマージュしている。
marcribot.jpg

(今回の来日公演では ドラマーがキューバ出身のHoracio "El Negro" Hernandez オラシオ"エル・ネグロ"エルナンデス 、NYの異才プロデューサー、キップ・ハンラハンのキューバ音楽プロジェクトDEEP RUMBA に同胞のロビー・アミーンと参加。ツインドラムユニット"エル・ネグロ&ロビーでも活動。坪口昌恭と菊地成孔らによる東京ザヴィヌルバッハに参加。一人でフロキューバンリズム・アンサンブルをやってしまう超絶テク。日本ではドラム教則本もでてる。最新作は『Italuba 2』)

アルセニオ・ロドリゲスは西アフリカ直系の血を受け継ぎ、マンボの原形を編み出し、彼のバンド/リ ズム/アレンジがニューヨーク・ラテン、サルサの雛型となったと言われる巨匠。ほんとにクロいサウンド。
ジョン・ルーリーもそうだけど、あえて自ら"フェイク"や"偽"、"似非"というのは、ただふざけているというわけではなく(たぶんNY風の諧謔精神かな)、もちろん先人への敬意が前提になっている。
だから彼らの演奏というのは所謂"フェイク"だとしても、実に魅力的、それゆえのオリジナリティがある。

そうしたオマージュ的な作品だと、最近ではフリージャズのアルバート・アイラーのトリビュート作『Spiritual Unity』(05年)をカルテットでリリースしている。
 
また昨年、実際映画音楽用に書かれた楽曲や、無声映画にインスパイアされて作られた曲をギター1本 で演奏した『SIlent Movies』をリリース。こちらは、例えば、、、日本のネタンダースの塚本功のソロ作ともつながるようなシビれるほどにブルージーで静かな作品。こちらも是非聴いてもらいたい。



串かつ

名古屋公演の打ち上げといえば 手羽先 が王道ですが、

飲み屋の定番メニューにはあと 味噌串かつ というのがある。

さっくり揚がった串カツに、デミグラスソースのように煮込まれた 味噌煮込みおでん の味噌をさっとつける。
しっとりとなったコロモ、ジューシーな肉汁、食べやすく旨い。

池下駅の北側にある 老舗「A に先日いってみた。

TV塔界隈にある人気店 「串かつL
そこからスピンアウト?した個性的な店主の千種の「串かつK
脂身が少なく、衣も薄め、さっくりと食べれるタイプが好きなのだが、
それに比べればA よりジューシー、衣もヴォリュームがある。

しかし旨かった。
戦後の屋台からの味をキープオンする心構えらしい。

味噌やソースが定番だが、おろしでも食べれる。

お好みで一味やからしを。

ここは水曜日と土曜日は 名物の串かつが半額になる、
が「ネットで(オフィシャルサイト)みた」といえばいつでも半額にしてくれる。
要するに 美味しく安く飲める 良いお店だった。

別店「居酒屋 Aが池下駅近くの路地の角にあり 
かねてから気にはなっていたが、小さめで常連の店といった感じだったので気が引けていたが、この際と思い近所に住む知人といってみた。

お店の方、客層も年齢層も高めであったが 値段は実に良心的で美味しい。  
名古屋にあって 串かつも味噌煮込みおでんも手羽先もない 

魚や野菜のてんぷらや一品が美味しい普通の居酒屋だ。
ある意味ほっとします。 

「うちはあなた方のような若い人がこないから、またきてね」

いや決してもう若くはないのだが、母親くらいの女性にいわれると、またこようかなと思う。

〆には茶ソバやにゅうめんなどもあり ちょうどよかった。

QUATTRO WEB RENEWAL OPEN !!

QUATTRO WEB RENEWAL OPEN !!

本日、6/1よりQUATTRO WEBがリニューアルいたしました。

さらに見やすく!使いやすく!
最新の情報マル秘舞台裏情報などもこちらのブログを交えて
お送りします。

同時にモバイルサイトもオープン!

110531_01.gif
こちらのQRコードを読み込んでください

モバイルメルマガ会員も募集中!
プレミア先行販売情報等、お得な情報をお届けします
quattro@req.jpまで空メールを送信してください。





また、先日、渋谷クアトロではQUATTRO MIRAGE VOL.2が開催され、
MIRAGEでしか観れない、ありそうでなかった組み合わせに盛り上がりも絶えませんでした!

当日はTOWER RECORDのMORE ACTION,MORE HOPEキャンペーンと連動し、募金を募ると共に楽屋ではポスターに出演者全員のサインをいただくことに成功!

110531_02_2.jpg


こちらのポスターは後日、TOWER RECORD仙台パルコ店に飾られる予定となっています。
(写真に載っていないTRICERATOPSさんのサインは後ほどちゃんといただきました!)

次回、QUATTRO MIRAGEは7/19~7/21@心斎橋クラブクアトロにて開催されます!
7/19(火)BRAHMAN × RHYMESTER
7/20(水)GRAPEVINE×MO'SOME TONEBENDER
7/21(木)The Birthday×THE BAWDIES

この奇跡の組み合わせは見逃せば2度目はないかもしれません!
チケットは6/4(土)より発売しますので、お買い求めはお早めに!!


それでは、また来週